降っても、晴れても ·chronicle for rainy African stays

エッセイと短いフィクション、それに備忘のための記事リンク *内容は個人としてのものです。

コトアゲ Up with expression

ずいぶん前。関西の支社に出張したときに、夕方支社長さんがお子さんを連れてオフィスに現れた。その日、病院から退院したので、長男と一緒にオフィスに立ち寄ったのだそうだ。

「ああ、いい会社だなあ」

ひとりごとなのか、何回かそうおっしゃっていた。

 

言葉で言い表すことが、状況を好転させる。だから、新年には、いいこと、おめでたいことをきちんと言葉に言い表す習慣がある。これを コトアゲ  (ことばによって、上げる)という、

という慣習を知ったのは、その何年かあとだ。少し呪術っぽいけども、心理的な効果はあるように思う。

 

視点を変える、という意味では、認知療法っぽくもある。    

コトアゲ。

Up by expression from positive side.

 「ああ、いい会社だ」

「ああ、いい同僚たちだ」

「ああ、いい仕事だ」

「ああ、いいプロジェクトだ」

 おりにふれ  ひとりごとをつぶやいていたら、会議のスタート前、となりに座っていた古くからの仲間(ぼくよりかなり若い)からちらっと視線をおくられた。何をのんきな、と思われてもいけないので、なぜそう思うかを説明してみたが、「はあ」と言われたところで会議がスタートしたので、その後のフォローができていない。

 

きのうは夏休みをもらい、午後から職場のある街を探索した。いつもは行かないエリアにブラブラ足を踏み入れる。ところどころ店がいれかわっていたり、古くからあったかもしれないけどきがつかなくて、初めて知った店があったり。計測機の専門店、なんて、知らなかったな。   楽しいな。

「ああ、いい町だ」ゴミゴミしていて、ちょっとへんだけど。

 

・会社でみかけた?いやいや、それは毎夏現れる一時間限りのまぼろしです。

(あいさつもせずに立ち去り、ごめんなさい)

 

Everyday my wife attacks me

 

うちのおくさんは、ぼくにいやがらせをすることを、毎日の小さな喜びとしている。 

細かい意地悪をしてきては、「1日一回いやがらせ」と言って喜んでいる。

 

「ああ、いいおくさんだ」

 コトアゲ、してみようかな。

 

「なに言ってるの?そんなの、当たり前じゃない」と即レスされそうだ。

 

それを受け容れている自分が、なんだかいいだんなさん、に思えてきた。

 

「ああ、いいだんなさんだ」 

コトアゲしてみようかな。

 

「ああ、いいおれさまだ」

 これじゃあ、ただの…。

  

■計測機器屋さん
f:id:hareruyaweathear:20170902172529j:image

f:id:hareruyaweathear:20170902172612j:image

■同じビルに入っているバー。

「ゲージ」って、計測機の針のことだよね…。
f:id:hareruyaweathear:20170902172817j:image
f:id:hareruyaweathear:20170902172858j:image
f:id:hareruyaweathear:20170902172929j:image

■となりの建物のローストビーフ店さん。夕方だったので、とても入りたい気持ちをなんとか抑え…。
f:id:hareruyaweathear:20170902173148j:image

 

 「ああ、いい町だ」

 

 (fin)

 

 

"♪ Can't Wait 'Til Christmas ( 宇多田ヒカル Cover ) ☆ 平井 堅 @Ken' s Bar 2014 Winter"

最近、平井堅の歌のよさがわかってきた。

歌うことがホントに好きな人なんですね。

宇多田ヒカルの曲もいいけど。

いま、夏だけどさ。

夏。気候がくるくる、やっかいだね。

お大事に。


♪ Can't Wait 'Til Christmas ( 宇多田ヒカル Cover ) ☆ 平井 堅 @Ken' s Bar 2014 Winter - YouTube

「おれにもまだできることがある」

「おれみたいな失敗作にも、まだできることがある。そう思ったら、すっげーうれしくて。 」

「おれはまだ戦える。」

「おれにも、まだ守れるものがある。」

「おれは、おれのひかりを走りきる」

 

出典  :ウルトラマンネクサス

 

 

Back Home

「あといくつ?あと何駅でつくの?」

「もう、つーかーれーたあー」

とかいうやりとりをしながら、乳幼児のてを引いて帰省したのは、ずいぶん前だったのか。

 

実母の様子をみがてら単身で帰省。

その一方で、地方の学校で学生生活をしている娘が東京に帰省してくると。

 

かんぺきな、すれちがい。

 

きみとは、きみが小学生のときに、ばあちゃんのうちのぼろぼろの板塀をきれいにするチームを結成して、茶色のペンキを一緒に塗って、板塀をきれいにしてくれたよね。

 

こんな島に、ペンキや刷毛が売ってるの?ホームセンター、あるの?ってまあるい目になって、驚いてた。

 

ふたりで一生懸命。塗り終わったときに、きみのほっぺたの先がちょっと茶色くなってた 笑

 

暑い日だったね。

 あのときは、ありがとう。

 

気をつけて帰ってきてね。

 今回は会えないけどさ。

 
f:id:hareruyaweathear:20170805085549j:image
f:id:hareruyaweathear:20170805085625j:image

お帰りなさい。

いってきます。

 

f:id:hareruyaweathear:20170805081738j:image

読書(まんがだけどさ)

夜廻り猫、ってまんがを、寝る前に少しずつよんでいて

「ありがとうとごめんなさいはしあわせの秘訣」ってセリフにいきあたった。

うちのおくさん、おこちゃまたちが小さいときに

「ありがとうとごめんなさいはちゃんと言えるようになりなさいって言ってるでしょっ!」
ってよく怒ってたなあ。

あれ、こういうことだったのか。

きがつくのがおそくてごめんなさい。ありがとう。



f:id:hareruyaweathear:20170724234513j:plain

MEMENTO-MORI

MEMENTO-MORI
メメント・モリ

ラテン語の宗教用語、だそうです。

意味は、「死を想え」


等身大の生活をするには、等身大の実物の生死を感じる意識をたかめなくてはならない。 (藤原 新也)

だそうです。


ブリンジ・ヌガク

意味は、「食うものを、くれ」
(コリン・A・ターンブル)

スワヒリ語かなあ。自信ないけど。

人類学者がフィールドワークに入ったエリアは食物が少なく、家族よりも、友人よりも、自分の食べるものが第一、
そんなことが報告されてます。まだ、その本、読み差しだけど。



はは。起きるのがいやで、グズグズしてるわたくしでした。

「おはよう。ごはんたべよー」

ありがたいなあ。

おはよう。



f:id:hareruyaweathear:20170721061547j:plain